韓国!男!服!肌! 〜20代前半かっこよくなりたい男の日常〜

韓国!男!服!肌!

〜20代前半かっこよくなりたい男の日常〜

パサパサな髪の毛から卒業!髪にうるおいを持たせ目指せ「ツヤツヤでサラサラな髪の毛」!!

パサパサな髪から卒業したい...

f:id:ohadakun:20191221203221j:image

男性でも女性でもサラサラで手触りの良い髪の毛は憧れですよね!

こんばんは。本日は「ツヤツヤでサラサラな髪の毛」にして質感をよくする方法を紹介していきます。

 

サラサラな髪の毛の状態にするには

髪の毛がサラサラにしたい!綺麗な髪の毛にしたい!と思った時、必ず意識をしなくてはいけないこと、それは

「髪の毛に十分な水分を与えて潤わせる」

ということです。

髪の毛に水分がないと乾燥し、パサパサな状態になります。

パサパサになる原因として

・髪の毛を乾かしすぎている(オーバードライ)

・寝る時に髪を乾かさないで寝ている(髪の毛が傷ついていてそこから水分が流れ出している。)

・髪の毛を何度も洗い皮脂を落としすぎている

この三つが主に乾燥の原因として挙げられます。

髪の毛を乾かしすぎている

髪の毛に長時間ドライヤーを当てていませんか?

髪の毛にとって「熱」というのはかなりのストレスでありダメージの元です。

熱をあてないと髪の毛は乾かないのでもちろんドライをする必要はありますが、必要以上に乾かしすぎるのはよくありません。

美容業界では一般的にドライの60%~70%は「タオルドライ」で行います。

これもあまりガシガシ乾かすのでは無く、軽く髪と頭皮をわしゃわしゃする様に乾かすのが理想とされています。

60%-70%乾かして、残りの10-20%をドライヤーでドライしていくようになります。

ですので、残りの10%(少ししっとりしているかな)

というくらいが一番ベストな状態と言われています。

寝る前に髪を乾かさない

「しっかりと髪の毛を乾かして!!」元美容師による髪の構造(男性、女性) - 韓国!男!服!肌!

髪の毛を乾かさずに起きる髪への影響はこちらに記事にしておりますが、良ければご覧下さい。

枕や布団に髪が擦れ、髪の毛のキューティクルが剥がれ、そこから水分が流れてしまいます。

臭いの原因にもなりますので、絶対に髪の毛は乾かして寝ましょう。

髪の毛や頭皮の皮脂を落としすぎている。

顔や体も皮脂が足りないと乾燥してカサカサになってしまいますよね。

それと同じで髪の毛も洗いすぎはよくありません。

髪の毛は、髪の毛内部の水分を逃がさないために

皮脂が毛の周りにコーティングされています。

かといって洗わないのはフケや痒みなどの原因になりますので、1日一回シャンプーをするくらいで大丈夫でしょう!

余談ですが...

本当は髪の毛の汚れは、シャワーの圧だけで取れてしまうので、冬など汗をかかない時期は、2.3日はシャンプーをしなくても、髪の毛には全く問題は無いんですけどね...

髪の毛の中の水分を逃がさないようにするには

普段のシャンプーの後に「洗い流さないトリートメント」つけてドライをするのをオススメします。

元美容師の筆者のオススメは

 

ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン+ 120g
 

 

このミルボンのエルジューダシリーズです。

こちらは何種類かあり

・髪の毛が素早く乾くなるようになるオイル

・まとまりが良くなるオイル

など様々なものがあります。

全て紹介したいですが、こちらの記事では

ピンク色のエルジューダを紹介していきます。

また、その他の色のエルジューダの紹介の記事も作りますので、是非チェックして見てくださいね。

ピンク色のエルジューダは一言で言うと

「保湿をしつつ髪をまとまりやすくしてくれる乳液」

といったところでしょうか。

「オイル」ではつけ過ぎで髪の毛がベタベタしてしまう。と言う声が美容師時代とても多かったです。

ですが、「乳液」タイプですと少しつけ過ぎてもしっかりと馴染んでくれてベタベタしないです。

「オイル」がダメな訳では決してないですが、使い慣れていない方やこれから「洗い流さないトリートメント」を探す方にとっての「入門用」としてオススメできます。

ケアをしたつもりがただ単にベタベタさせただけ。だと元も子もないですからね...

特にこのエルジューダの乳液に関しましては、万人に使いやすくできていて凄くオススメできます。

是非チェックしてみてください!

まとめ

今回は、髪の毛に潤いを持たせて髪の毛の質感を良くする方法、オススメ商品をご紹介しました。

しっかりと髪の毛を乾かすのを当たり前に行えるようにして、それが普通にできるようになったらプラスαでオイルや乳液を使って水分を逃がさないようにしてあげましょう!

特にこの時期は乾燥して髪の毛の水分が逃げてしまいやすいので、お顔や体の保湿のついでに髪の毛の保湿も一緒に行っていきましょうね!

 

本日もご覧戴きありがとうございました。

 

はだお